featured

  1. 月の森「冬支度」

     月の森「冬支度」川湯のPANAPANAさんのお声掛けで今年も参加させていただくことになりました丁寧に、またそれを楽しみながらもの作りをされている作家さんたちによる、年に一度の「冬支度」  布や木製品、アクセサリー、洋服、ノート、お正月飾り、羊毛小物などなど、たくさんの商品が並びます...

    続きを読む
  2. ぞくぞく入荷中

    置戸町もあっと言う間に晩秋の季節となりました初雪を迎える今、工芸館には新商品がぞくぞく入荷中です 多角小鉢 六角、そして八角。(Kinoca)もともとの十八角をアレンジしたもので、樹種は置戸町町有林のメジロカバと道産カツラ。重厚感があり、木目も美しいです。

    続きを読む
  3. スプーン体験会

    「オケクラフトのスプーンって、使いやすいのかな?」 「木のスプーンってどれも同じじゃない?」 などどいうお客様の声にお応えしまして、オケクラフトスプーンの体験会を開催します。スプーンは直接口に入れるものなのでその違いははっきりわかります。

    続きを読む
  4. ありがとうございました

    昨日開催しました「山の日だよ オケクラフトるんるん市」では、開店前からたくさんのお客様にご来場いただきまして本当にありがとうございました。心配していた雨も降らずお天気に恵まれましたのも幸いでした。

    続きを読む
  5. るんるん市♪

    昨年制定されました「山の日」。森林工芸館ショップでは、日頃のご愛顧に感謝を込めまして8/11に 「山の日だよ オケクラフトるんるん市」を開催します!当日はオケクラフト作り手直売のアウトレット品販売や、ガラポン抽選会、まな板や端材の販売もします。

    続きを読む
  6. アイヌの人々の知恵から生まれたニマ

    ニマのボウル。アイヌの人々が使っていた食器から生まれました。アイヌ語でニマは刳りぬいた鉢を意味します。アイヌの人々は生木を適当な長さに輪切りした後、縦に割って半分にし、それを、皮の側から刳りぬいて船形の器として使っていました。

    続きを読む
  7. 告知!!ー2

    「小さな町の大きな挑戦、再び。

    続きを読む
  8. 告知!!

    「小さな町の大きな挑戦、再び。」 置戸町の人口を遥かに超える4,000人の観客が全国から訪れる大きなイベントを、フェス未経験の町民たちが一丸となって開催してから3年。。。その時のアツい思いは冷めてなかった!!そうです。

    続きを読む
  9. 形と木目の美しいサラダボウル

    サラダボウル。側面の曲線が美しく、エゾマツの木目が映えます。エゾマツは、北海道を代表する針葉樹の一つで、建材など広く使用されます。

    続きを読む
  10. Cafeが臨時オープン!

    GW期間中の5月3日~5日、毎日12:00-15:00まで、森林工芸館ショップ内でCafeがオープンしています。皆様にオケクラフトのカップでコーヒーを提供させていただいております。(無料) マスターは置戸中学校の校長先生。

    続きを読む
  11. 卒塾展を開催します

    ゴールデンウィークの時期がきましたね~今回はお天気も良さそうですし、お休みの皆様はウキウキ&そわそわでしょうか。さて、森林工芸館では4月27日(金)より「作り手養成塾卒塾展」を開催します。

    続きを読む
  12. パン皿まつり開催!

    進学・就職、退職や引越しなど、新生活を迎える季節となりましたオケクラフトセンターでは、何かと心躍るこの時期に「春のパン皿まつり」を開催します!皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

    続きを読む
ページ上部へ戻る