ブログ

成果展 始まっています

7月に入り、急に夏らしくなってきた置戸町です。

さて、緊急事態宣言が明けて、延び延びになっておりましたオケクラフト作り手養成塾塾生 千龍さんの成果展がショップにて始まっています。今しか作れない、初々しい商品が並んでいます。

楽しみにしてくださっていた方、大変お待たせいたしました!

入口からすぐの正面にエゾマツ材を中心としたお椀やボウル、お皿など12種類・45点程をご紹介しております。どれも丁寧に仕上げられていて、地道な努力を感じます。

 

15cmから3cm刻みで5種類のサイズ展開がある「多用皿」。

パン皿よりも少し深めに削っているのが特徴で、おやつにパスタ、お刺身、サラダ、パン、冷やし中華、生姜焼き、ちらし寿司などなど、いろいろ使えそう。まさに多用ですね。

 

こちらはスクエアボウル24cm。

エゾ松の美しい木目が生かされています。

スクエアボウルは変形の四角と言うのでしょうか、丸のような、でも四角。削りが特徴的で表現が難しいです。写真では伝わりにくいので、実物を是非!! 21cmもあります。

 

千龍さんは「少しでも誰かに喜んでもらえる物を作りたいと思っています」とコメントしています。

人に喜んでもらえる物を作ることは作り手の基本。思いだけではなかなか形にならないのも現実ですが、今はそのために技術習得を最優先に課題に取り組んでいるんでしょうね。頑張れ!千龍さん!

会期は8月お盆過ぎまでを予定していますが、商品僅少のためお早めにお越しください。

(Aoki)

関連記事

ページ上部へ戻る