NEWS

どま工房特別展「-オケクラフトの育ての親- 時松 辰夫展」開催中

オケクラフトセンター森林工芸館と共同工房を挟んで建つ「どま工房」では、ただ今、オケクラフトの育ての親であり、今年1月に逝去された「時松辰夫氏」の特別展を開催しています。

時松辰夫さんは、オケクラフトの生みの親である秋岡芳夫さんの紹介により1983年に初めて来町され、オケクラフトの作り手指導にご尽力いただきました。これまでに時松さんの指導を受けて多くの作り手が誕生し、その技術が受け継がれています。

この特別展では、時松さんがデザインし製作した試作品約250点やその図面のほか、森林工芸館で保管する写真と年表を合わせて展示いたします。

時松さんの技術の高さを知ることのできる作品群を、今では作られていないものなども含め “手に取って” ご覧いただけます。

 

タイトル: どま工房特別展「-オケクラフトの育ての親- 時松 辰夫展」

会 期:  令和3年5月8日(土)〜5月31日(月) 火曜、水曜休館

時 間:  10:00 ~ 16:00

会 場:  どま工房 (北海道常呂郡置戸町字置戸439番地3)

問合せ先: オケクラフトセンター森林工芸館   0157-52-3170

 

 

 

ページ上部へ戻る