オケクラフトとは

オケクラフトセンター森林工芸館

 オケクラフトセンター森林工芸館は、1983年(昭和58年)に誕生した置戸町の地域ブランド「オケクラフト」の中心施設として、1988年(昭和63年)に開設しました。
森林工芸館は、置戸町の社会教育施設として次の3つの大きな機能を持っています。

1 作り手を育てる。
2 町内の工房から生産されたオケクラフト製品をお客様にご提供する。
3 どま工房と一体となって「日本の手仕事道具-秋岡コレクション」を通じて、日本の手仕事文化の歴史やすばらしさ、モノづくりの楽しさを伝える。

オケクラフトセンター森林工芸館ショップ

 オケクラフトセンター森林工芸館には、置戸の地域ブランドであるオケクラフトをはじめ、草木染め製品等の地域特産品を展示即売するエリアがあります。店内は、大きな盛り皿からお椀や皿、スプーン、フォーク、炒めへらなど、手づくりされた製品が各工房ごとに並んでいます。
 やさしい曲線や温かな手触り感を確かめていただくため、店内では商品を実際に手で持っていただくこともできます。お気に入りの商品が決まりましたら、レジカウンターへ・・・同じ商品がある場合はいくつかお持ちしますので、木目や風合いをお選びください。木目は大切な出会い、自然素材のオケクラフトは木目もデザインの一部です。
 お祝いやプレゼント用にいくつかの製品を組み合わせたセット商品も用意しています。もちろん、お気に入りの商品を自由に組み合わせることもできます。ショップでのお買い物には、各種カードもご利用いただけます。
 遠くのお客様には、お電話でのご注文、地方発送も承っております。
□オープン時間:午前10時~午後6時
□休館日:毎週水曜日(祝日を除く)・年末年始 
(12月29日~1月2日は休館、1月3日は午前9時~正午まで営業)
□TEL:0157-52-3170/FAX:0157-52-3388

平成27年7月より一般社団法人おけと森林文化振興協会が、ショップの運営を担うこととなりました。