ブログ

「卒塾展」-3

只今開催中の「卒塾展」。

今回は「工房夕花野(ゆうはなの)」石垣 拓也さんの商品をご紹介します。

工房夕花野は数年前に奥さんが置戸町に開業した曲げ輪工房で、これからは夫婦二人 同じ工房で製作に励むこととなりました。

左から 「お椀(直径12cm、高さ7cm)」と「お椀(直径11.2cm、高さ7cm)」どちらもエゾ松。直径と形状が異なります。このちょっとした違いがお椀を選ぶポイントになります。

 こちらは「めし椀(直径12cm、高さ5.5cm、カバ)」

「銘々皿(直径15cm、高さ2.3cm、カバ)」

 銘々皿は高台があります

 「ボウル(直径24cm、高さ5.5cm、エゾ松)」たっぷり入りそう。

 「7寸盛皿(直径21cm、高さ4.5cm、クルミ)」

 他にもサイズ違い・樹種違いの皿類があります。

 

 「5寸皿(直径15cm、高さ3cm、ニレ・タモ・クルミ)」

厚さや立ち上がりの角度など、一枚一枚きちんと同じように作らないと重ねたときにこうはなりません。ここまで揃えるのにどれだけの枚数を製作してきたかと思うと、もう、応援しかありませんね。

 

今年から新しくオケクラフトマンへの仲間入りをした齊藤さんと石垣さん、おめでとうございます。

期待してます!

(Aoki)

関連記事

ページ上部へ戻る