日本の食卓には欠かせない器

 

「身度尺(しんどじゃく)によるサイズ選び」

日本の食器には、身体 作った時の差しにした「身度尺」が随所に生かされています。

手の大きさに合わせてお椀のサイズをお選びください。

ちょうど両手の親指と中指を広げて輪を作った時のサイズがしっくり収まる寸法です。

小さな手には小さなお椀が、美味しさにつながります。

お箸は、身長の15%ほどが良い長さ、一咫半(ひとあたはん)が基準です。

 

 

 

ページ上部へ戻る