「featured」タグアーカイブ

ありがとうございました

昨日開催しました「山の日だよ オケクラフトるんるん市」では、開店前からたくさんのお客様にご来場いただきまして本当にありがとうございました。

心配していた雨も降らずお天気に恵まれましたのも幸いでした。

「晴れ男&晴れ女」の皆様のおかげです~

お買上3,000円ごとに1回のガラポン抽選会は、オケクラフトやゆうゆ入浴券などたくさんの賞品をご用意しておりましたが、全てお客様が引き当て、残念賞のみ残るという素晴らしい結果となりました。

 アウトレット・端材販売は大人気で、予定よりも早く終了となりました。

 まな板販売

 開店前に行列が!

 Cafe Principal

「オケクラフトるんるん市」にご来店の皆様、また、ご協賛・ご協力くださいました関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

オケクラフトセンター森林工芸館ショップは水曜定休日ですが、15日の水曜日は通常通り10:00~18:00まで営業します。

皆様のお越しをお待ちしております。

(Aoki)

 

 

 

 

るんるん市♪

昨年制定されました「山の日」。

森林工芸館ショップでは、日頃のご愛顧に感謝を込めまして

8/11に 「山の日だよ オケクラフトるんるん市」を開催します!

当日はオケクラフト作り手直売のアウトレット品販売や、ガラポン抽選会、まな板や端材の販売もします。

また、今年のゴールデンウィークに大好評いただきました無料コーヒーコーナー「Cafe  Principal」も開店します。(12:00~16:00)

売切れ次第終了もありますが、是非遊びにきてください。

お盆前の一日、オケクラフトでるんるん♪しませんか~

(Aoki)

 

 

アイヌの人々の知恵から生まれたニマ

ニマのボウル。アイヌの人々が使っていた食器から生まれました。

アイヌ語でニマは刳りぬいた鉢を意味します。
アイヌの人々は生木を適当な長さに輪切りした後、縦に割って半分にし、それを、皮の側から刳りぬいて船形の器として使っていました。
そのオマージュとして作られたものが、ご紹介するニマのボウルです。

この商品は、北海道の代表的な木である白樺で作られています。
白樺の丸太を縦に割りろくろで仕上げ、縁は皮を生かした構成です。
かまぼこ形状を丸く刳り抜きますので、仕上がりは楕円となります。

白樺は、北海道のいたるところに生え成長も早い木ですが、保持している水分量が多くとても腐り易いため、なかなか木材として活用されてきませんでした。
水分が少なくなる冬の間に伐採し春までに粗刳りを終わらせることにより、器として十分な強度を保てます。
なにより、白樺の皮は美しく独特な魅力があります。

大きいものがテーブルの中央に一つあるだけで、北の大地に思いを馳せることができます。
小さなものは小鉢として。
書斎の机において小物入れとしてもお使いいただけます。

サイズは90mmから270mmサイズの7種類。数字は楕円長手方向の長さを示します。
価格は、税込1,944円~12,096円。
工房大崎の大崎麻生(おおさきまお)さんが制作しています。  

                                        (つ)

告知!!ー2

「小さな町の大きな挑戦、再び。」

今回3年ぶり2度目の音楽フェス OGF 2nd では、メインステージの他にサブステージやキッズアドベンチャーゾーン、オフィシャルグッズ販売や飲食ブースなど、お楽しみがいっぱいです!

私達オケクラフトセンターもPRブースにて出店させていただくことになり、当日は消費税抜き価格で販売します。気軽にお立ち寄りください!

スタッフ手作りの記念グッズも少しですが持っていきます~お楽しみに~ 

がんばれ!OGFスタッフ!!

私達はOGF 2nd を応援します!

(あお吉)

告知!!

「小さな町の大きな挑戦、再び。」 

置戸町の人口を遥かに超える4,000人の観客が全国から訪れる大きなイベントを、フェス未経験の町民たちが一丸となって開催してから3年。。。その時のアツい思いは冷めてなかった!!

そうです。3年前に置戸町全体が揺れるほど大盛り上がりしたOGFが帰ってきます!

そこで、アツい思いに感銘を受けた私達は応援をかたちにできないかと考え、

7月1日の当日

何と、「店内全商品  表示価格より20%OFF」 とさせていただきます!

そして、閉店時間を「18:00 → 20:00に延長」 します!

フェス終了後でも十分間に合いますよ~ フェスではない方は、いつもよりゆっくりご覧いただけます~ 

また、おけと勝山温泉ゆうゆでも営業時間を延長するそうです。

フェスの後はオケクラフト&温泉へ。自然豊かな置戸町をどうか楽しんでください。

「私達はOGFを応援します」 → http://oketogreenfes.jp/

(あお吉)

形と木目の美しいサラダボウル

サラダボウル。側面の曲線が美しく、エゾマツの木目が映えます。

エゾマツは、北海道を代表する針葉樹の一つで、建材など広く使用されます。木には、心材(しんざい)と辺材(へんざい)がありますが、(杉でいうと中心の赤み部分 = 心材、周辺の白い部分 = 辺材)、エゾ松はその違いがあまり目立たず、どこも同じような色味となります。

なので、器になっても素直な美しい姿を見せてくれるのです。

なんといっても、このボウルの良さは形の美しさです。

木の器の見るときに、肩に当たる部分の削り方を見ると良し悪しが分かります。木の器は底の部分が厚くなりますが、そこから側面への立ち上げ方に削り手の力量が現れます。
外側と内側のバランスが大事で、ここが厚いとボテッとした印象になります。肉厚の変化がポイントなのです。

このボウルは、ここの処理が絶妙で、外側のきれいな曲線が生きています。
内側は、一つの大きなカーブで構成されていますので、サラダを取り分ける時に、すくい易く作られています。

サラダボウルという名前がついていますが、18cmのサイズは、お一人用として朝食のシリアルや、シチューなどを召し上がるときにもちょうど良いサイズです。

工房ichigoの松本佳悟さんが制作しています。
サイズは、直径18cmから、27cmまでの4種類。高さは18cmが5.5cm、他は5.8cm。
価格は、税込で5,184円~9,828円となります。

 

材料違いで、カバで作られたものもあります。

カバは、非常にきめの細かな木肌を見せます。心材と辺材の違いがはっきりしていますので、一つ一つに個性が出ます。

材料の違いから、こちらの価格は、税込で5,508円~10,476円です。
                                        (つ)

Cafeが臨時オープン!

GW期間中の5月3日~5日、毎日12:00-15:00まで、森林工芸館ショップ内でCafeがオープンしています。

皆様にオケクラフトのカップでコーヒーを提供させていただいております。(無料)

 

マスターは置戸中学校の校長先生。なんと生豆を焙煎するところから手がけ、「コーヒーコーディネーター」を取得してしまったほど。

  

いつもはインスタントコーヒーですが、この3日間はコーヒーの香りが店内を包んでおります~ 

そろそろ閉店(?)ですが、明日も12:00から開店します!是非、ショップへお越しください。お待ちしております!

卒塾展を開催します

ゴールデンウィークの時期がきましたね~

今回はお天気も良さそうですし、お休みの皆様はウキウキ&そわそわでしょうか。

さて、森林工芸館では4月27日(金)より「作り手養成塾卒塾展」を開催します。2年間の研修を終え、晴れてオケクラフトマンとして独立工房を持った畠 法子さんの研修の成果を展示販売会として発表するものです。卒塾のこの時期だからこその、勢いのあるものが並びます。

H30.卒塾展

皆様、GWは森林工芸館へGO!

材料の乾燥

この冬に丸太から仕入れて製材したものをいよいよ乾燥機にかけました。

水分をゆっくりゆっくり、10日以上かけて抜いた材を状態や幅など考慮し、仕分けます。

 

材の厚みを統一して、10石づつこまめに乾燥しますので、乾燥&仕分けの作業はまだまだ繰り返されます~

良質の材をオケクラフトマンにお届けするために!