「featured」タグアーカイブ

干支のストラップ

今年も入荷しました。工房スノーグースの「干支ストラップ」(864円)。 よく見てください!絵柄の色の違いは樹種の違いなんです。この小さい板(3cm×2cm)に違う木の木片を埋め込んでいるのです。色を塗っているわけではないのです。裏はレーザー彫で卵型とsnowgooseのロゴが。実に細かい!そしてかわいい。

新着 宮 私達スタッフも毎年「今年はどんな絵柄かな」と楽しみにしている商品です。数量少なめですので、お早めに。

同じ絵柄で木のしおり(432円)も入荷しています。

ウッドクラフトフェス出店!

2月4日・5日に開催される「オホーツクウッドクラフトフェスティバル」に私たち森林工芸館と、トレイや額縁でおなじみの「工房スノーグース」(http://snowgoose.jp/)、曲げ輪でおなじみの「工房夕花野」、昨年新しく工房を構えた「工房ZEPH(ゼフ)」、の3人が出店します。

burogu宮嶋 burogu高田 burgu工藤

このフェスティバルは一昨年、第30回で終了した「オホーツク木のフェスティバル」の規模を小さくして、北見駅裏にある木のプラザで開催されるものです。

森林工芸館ブースでは、今春卒業の研修生も自信作を携えて参加する予定です。どうか励ましのお声掛けを!!

展示会でしか買えない掘り出し物もあるかも!? 当日は前庭で「きたみ冬まつり」も開催されています。作り手・スタッフともに張り切っていますので、是非ぜひご来場ください!

今年もお世話になりました

本日は休業ですが職員全員で大掃除です。1年間のアカを落とし、スッキリして新年を迎えたいですね。

年末年始は 12/30  ~ 1/2 まで休業。

そして3日はお待ちかねの初売り!(営業  9:00-12:00

4日は定休日で、5日から平常営業  (10:00-18:00)となります。

皆様今年一年本当にありがとうございました。来年もスタッフ一同、作り手と一緒になって皆様に喜んでいただけるようがんばって参ります。どうぞよろしくお願いします。

img_burogu6  hashi  img_0013

食卓にオケクラフトをお気軽に!

 

福袋!

毎年恒例の「新春初売り福袋販売」を年明け 1/3 朝 9:00から行います。

ありがたいことに毎回大人気で、先着順限定70個を求めて、皆様、朝早くからお並びいただくので、私たちスタッフも気合が入ります!

  img_burogu1   まだまだ作ります

皆様お楽しみに!!

 

 

 

 

白樺の伐採-2

先日のつづきです。伐採したものを更にカット(町有林にて)

img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e1 何往復も運びます

2日間で21本伐採し、これが来年1年分の材料全部です。ブルーシートで覆ってしばらく寝かせて、年明けに各工房の元へ。

img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e6   img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e8

樹の乾燥状態を見ながら、小さいものから順次製作して行きます。仕上がりは早くて5月~6月頃でしょうか。

img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e%e8%a3%bd%e5%93%81 この棚が白樺製品でびっしりに!

 

 

 

 

 

 

白樺の伐採

昨日、置戸町のご配慮により町有林の白樺を伐採しました。

img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e4   img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e2

1本の白樺を枝を払って伐採し、太さによって更に3~4本に伐ります。

白樺材でオケクラフトを製作している作り手5人での作業で、木が水分を吸わなくなるこの時期に毎年行われています。

 img_%ef%bd%bc%ef%be%97%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e3  これで約9本分

これから、更に輪切りにして、荒刳り・乾燥を経て、店頭に並ぶまでには半年ほどかかります。

寒い中、危険を伴いながらの作業です。仕上がったものは本当に値がありますね。

子供の心を豊かにする「木育」

 木育という言葉をご存知ですか?
木育には
・環境を守る
・木の文化を伝える
・暮らしに木を取り入れる
・経済を活性化させる
・子供の心を豊かにする
こういった活動が木育と呼ばれています。

 毎日の食卓に欠かせない食器。オケクラフトの商品をもったいないといわずに小さい頃から使ってみませんか。